痛風サプリ人気ランキング ※ 効果的に予防出来るのはどのサプリメント?

痛風サプリ人気ランキング ※ 効果的に予防出来るのはどのサプリメント?
痛風サプリ人気ランキング ※ 効果的に予防出来るのはどのサプリメント?

先に人気の痛風サプリを知りたい方は、「2. 痛風サプリ人気ランキング」へ移動してください。

目次

1. 痛風サプリの効果や働きにはどんなものが?

尿酸値が高まる要因として、適度に尿酸が排出されない・尿酸がが体内に作られすぎてしまう、もしくはその両方であるとされます。

痛風サポートとして販売されているサプリでは、尿酸値を下げるというものではなく、尿酸の排出を促すものや体の巡りをスムーズにするといった効果のある成分を配合したものが多いです。

最近では、尿酸の量を増加させるプリン体に働きかける成分や乳酸菌も登場してきています。
尿酸値が高い人は、肥満であったり肥満気味の傾向があることからコレステロールに働きかける効果のある成分も。

尿酸値が高いと痛風が発症しやすいというのが一般的ですが、そのほかにも腎機能障害や動脈硬化、尿管結石の発症リスクもあげられます。
痛風の原因である尿酸値予防として、食事や生活習慣の見直し、サプリなどで栄養バランスを整えることが必要です。

2. 痛風サプリ人気ランキング

1位

白井田七

白井田七
メーカー和漢の森
価格6,480円(定期5,184円)
1日分約216円(約172円)
タイプタブレット
内容量120粒 / 30日分(1日4粒)
HPhttp://www.sakura-tuhan.com/

サポニンやカリウムが豊富な田七人参が原料!

薬用人参ともいわれ、栄養価の高い高麗人参よりもサポニンやカリウムなどの栄養素を豊富に含む田七人参が原料。
サポニンやカリウムは足の親指などのズキズキの要因でもある滞った巡りをスムーズにしてくれます。

巡りを促すことで、尿酸の排出のサポートにも役立ちます。

ズキッと感じたことがある人の満足度は96%。全額返金保証付きなので人気のサプリです。

白井田七の口コミ&評判

飲むタイミングは食前!

数値が高くなってきていたので、飲み始めました。
ビール好きなので、飲めないというのは辛いんです。
食前に飲んでいますが、今のところ問題なしで助かってます!

2位

恵葉プレミアム

恵葉プレミアム
メーカーコアシステム
価格7,980円
1日分約266円
タイプタブレット
内容量90粒 / 30日分(1日3粒)
HPhttp://jnet-store.com/lp/keiyop/

プリン体を気にせず食べたい人に人気!

尿酸の生成を抑えるアンセリンを1日分に500mg配合。
食事などでは、補いきれない成分を毎日しっかり摂ることができます。

さらに古くから関節痛などの治療薬にも用いられてきたキャッツクローやケルセチンがプリン体に働きかけてくれます。

痛風の原因になることから、好きなものが食べられない飲めないという人に人気です。

恵葉プレミアムの口コミ&評判

好きなものが食べられる幸せ!

プリン体をあまり気にしなくなりました。
好きなものが食べられています。

3位

DHC アンセリン

DHC アンセリン
メーカーDHC
価格2,263円(定期2,149円)
1日分約75円(約71円)
タイプハードカプセル
内容量90粒 / 30日分(1日3粒)
HPhttps://www.dhc.co.jp/goods/

排出を助けてくれるアンセリンを30倍に濃縮

マグロやカツオなどの回遊魚のスタミナ源といわれるアミノ酸のアンセリンを原料に使用。
アンセリンの濃度を30倍に濃縮させたフィッシュペプチドで配合しています。
アンセリンはプリン体から尿酸を作り出す酵素に働きかけ、排出をサポートしてくれる成分です。

早い人で飲んで2週間で数値の低下を実感していて、朝・昼・夜と3回に分けて飲んでいる人が多いようです。

DHCアンセリンの口コミ&評判

プリン体が気になるので

健康診断で指摘されてからプリン体が気になるようになり飲み始めました。
もう普段の食事から欠かせなくなっています。

3. 痛風の予防に良い成分・素材

3-1. アンセリン

アンセリンはマグロやカツオなどの休みなく泳ぎ続ける回遊魚に含まれる成分で、豊富な持久力のもとになるといわれるイミダゾールペプチドの一種でもあります。

アンセリンには体内での尿酸の生成を抑え、体内で余分に増えすぎてしまった尿酸を排出を促し、尿酸値を下げる働きがあります。

尿酸はプリン体がもとになって作られるといわれていますが、アンセリンはプリン体が分解され尿酸になる際に、もう一度プリン体に戻してくれるので、尿酸の生成が抑えられます。

また、アンセリンには疲労の根本である乳酸の分解に役立つとされています。

お酒を飲んだり、疲れが溜まることで、体内に乳酸が蓄積されると、尿酸が排出されにくくなりますが、乳酸に働きかけ、低下した尿酸の排出をサポートするとされています。

3-2. カリウム

ミネラルの一種であるカリウムはヒトが健康的な生活を送る上で欠かすことができない必須栄養素です。

食事からの摂取がしやすい成分ですが、食生活の欧米化や不規則な食事によって、近年では不足しがちな栄養素とされています。

痛風の原因である尿酸は尿と一緒に排出されます。

尿酸値が高くなる要因の一つとして尿酸がきちんと排出されないことが挙げられますが、カリウムには尿の排出を促す働きがあるため、尿酸の排出に役立ちます。

また、痛風の予防には尿をアルカリ性にすることが有効とされており、カリウムは尿をアルカリ性に傾ける食品に多く含まれています。

カリウムは食品であればバナナなどの果物や野菜、ひじき・海苔などの海藻類などに含まれています。

3-3. クエン酸

レモンや酢、梅干しなどの柑橘類に含まれる酸味成分の一種であるクエン酸。
古くから疲労や代謝に役立つとされています。

尿酸値が高まることで引き起こされる痛風は体内で生成される量が増えること、尿による排出が低下することが原因とされています。

尿の排出の低下には、巡りの滞りによる排出の低下と、尿が酸性に傾き、尿酸の排出が低下することが要因として挙げられます。

クエン酸には酸性に傾きがちな尿をアルカリ性に変える働きがあり、それによって尿酸の排出が促進され、結果的に尿酸値が下がるとされています。

3-4. サポニン

サポニンは高麗人参や田七人参、大豆、小豆などに含まれるえぐみ・苦味のもとになる栄養素です。 さまざまな食材に含まれるサポニンは人参や豆など含まれる食物によって働きが異なります。

サポニンの働きは多岐にわたりますが、主だったものは以下の通りです。

・スムーズな血流を促す

サポニンには体のすみずみの血流を促す働きがあります。
体の巡りがスムーズな状態を保つことは新陳代謝の活発な体を保つことに役立ます。
こうした健康的な体を保つことは体に余分な尿酸を排出することにもつながります。

・コレステロールなどの抑制

サポニンには肥満や体の巡りを悪化させる要因になる悪玉コレステロールの低下に役立ちます。
また、脂肪の吸収や蓄積を防ぐ働きもあります。
尿酸値が高めの人は肥満だったり、肥満気味の傾向があることから、コレステロールなどに働きかけることも尿酸値や痛風の対策になるといえます。

・尿の排出を促す

小豆などに含まれるサポニンにはカリウムと同様に尿の排出を促すこと役立ちます。
尿を適度に排出することで、尿酸も排出してくれます。

3-5. シトルリン

シトルリンはスイカなどのウリ科の植物に含まれるアミノ酸の一種で、体中を巡る働きがあることから遊離アミノ酸・スーパーアミノ酸ともいわれています。

近年注目を集めているシトルリンには巡りに大切な血管を拡げ、血流を改善する働きがあるといわれています。

ヒトの体内には余分な水分や老廃物が蓄積され、巡りの滞りなどが起きますが、シトルリンはこの予防に役立ちます。

体の巡りがスムーズであれば、代謝も活発に行われ、老廃物などの排出も適度に行われます。

また、疲労のもとになる物質のアンモニアを尿素で分解し、体外への排出に働きかけることから、疲労対策にも良いとされています。

3-6. タルトチェリー

タルトチェリーはアメリカンチェリーの一種です。
特に多く含まれているのが、アントシアニンというポリフェノール。

タルトチェリーには、アントシアニンを豊富に含むブルーベリーやカシスなどには含まれていない種類のアントシアニンが含まれています。
その一つがシアニジン3-グルコシルルチノシドというアントシアニン。

このアントシアニンには、体内の炎症を抑える働きがあるとされ、関節痛や痛風といった痛みを抑えてくれる効果が期待されています。

また痛風の原因にもなっている尿酸。
この尿酸の排出を促すカリウムやクエン酸も含まれています。
アメリカでは、痛風に効く民間薬として知られているようです。

・タルトチェリーはどうやったら取れる?

タルトチェリーは食品やサプリメントで摂取することができます。
食品としては、アメリカンチェリーか濃縮されたジュースになります。

サプリメントは、国内にて製造を行っているメーカーがほとんどなく、主にアメリカのサプリメントになると思われます。
サプリンクスなどアメリカサプリ取り扱い店で、販売されています。
ジュースなどの食品と比べても安価で、効率よく取ることができます。

3-7. ナットウキナーゼ

納豆のネバネバのもとになる納豆菌が作り出すタンパク質を分解する酵素のひとつであるナットウキナーゼ。

ナットウキナーゼには食生活や年齢によってドロドロになり、巡りの滞りの要因になる血栓を溶かす働きがあるとされています。

さらに、ドロドロになった巡りもサラサラにしてくれるので、適度な尿の排出に大切なな体の巡りがスムーズな状態を保ってくれます。

また尿酸値などと一緒に心配される悪玉コレステロールや中性脂肪の低下にも働きかけてくれるので、肥満やメタボ対策にも役立ちます。

3-8. DHA・EPA

DHA・EPAはイワシやマグロ、アジなどの青魚に含まれている不飽和脂肪酸で体内では生成できない必須脂肪酸とも呼ばれます。

低温状態でも固まらないでサラサラとした状態を保つため、サラサラ成分ともいわれています。

その名の通り、食生活や年齢によってドロドロになりやすい血流をサラサラの状態にしてくれる働きがあり、高めの血圧などの対策に役立ちます。

巡りをサラサラに保つことで、尿酸の排出に大切な新陳代謝も促してくれます。

また、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす働きもあり、生活習慣や肥満、メタボの対策としても注目されている成分です。

3-9. PA-3乳酸菌

明治が独自に発見した乳酸菌のPA-3乳酸菌は正式名称はLactobacillus gasseri(ラクトバチルス ガッセリー) PA-3といいます。

過剰摂取は血液中の尿酸の量を増加させ、高尿酸血症や痛風などの原因となるプリン体。

PA-3乳酸菌は、3つのメカニズムでこのプリン体に直接作用します。

PA-3乳酸菌は、プリンヌクレオシドを体内に吸収されにくいプリン塩基に分解し、プリンヌクレオチド、プリンヌクレオシド、プリン塩基を菌体内に取り込みます。

そして、取り込んだプリン体を自らの栄養源として利用するといったメカニズムです。

腸管から吸収されるプリン体の量を低減させる効果を持つ可能性が示されています。

高尿酸血症モデルラットを対象にした実験では、8日間に渡りPA-3乳酸菌を含むヨーグルトを摂取したところ、プリン体の最終代謝産物である尿酸の量(血清尿酸値)が減少したとの報告も。

3-10. 黒酢

アミノ酸やクエン酸といった栄養成分をたっぷりと含む黒酢。

黒酢に含まれるクエン酸には体内の尿をアルカリ性に傾け、尿酸の排出させやすくする働きがあることから、尿酸値を下げることに役立つといわれています。

また、アラニンやヒスチジンといったアミノ酸は血流や巡りをスムーズにすることに役立つので、尿の排出の促進に働きかけてくれます。

3-11. 田七人参

田七人参は和名は三七人参といい、高麗人参とおなじウコギ科の一種です。

中国では古くから漢方にも使用されています。

有用成分のサポニン(ジンセノサイド)が特に豊富まれ、デンシチンや、ビタミンやミネラル、フラボノイドといった栄養素も多く含み、それらが複合的に働くことで健康に役立つとされています。

田七人参は体内の中性脂肪やコレステロールを分解したり、余分な糖分の吸収を防ぐ働きがあるとされています。

痛風の原因である尿酸は、肥満体質だと体内に余分に生成がされてしまうため、これらの働きはそれを未然に防ぐことに役立ちます。

また、尿酸の排出には体の巡りをスムーズに保つことが欠かせませんが、田七人参は滞りがちな体中の巡りを促してくれます。